2018年度 ダイモンド高校日本語イマージョンプログラム修了式

2018年5月10日、ダイモンド高校は第18回目の日本語イマージョンプログラムの修了式を行いました。卒業生は13年間の日本語イマージョンプログラムで培った経験と友情を劇とスピーチで披露しました。

佐藤雅俊 在アンカレジ領事事務所長は日本語で卒業生に祝辞を述べました。他にも ディーナ・ビショップ アンカレジ教育局長、ティナ・ジョンソン・ハリス ダイモンド高校校長、ブランドン・ロック アンカレジ教育局・外国語ディレクターも祝辞を述べました。
30人の卒業生は、修了証書と卒業コードを受け取りました。在アンカレジ領事事務所からも、和紙を用いた茶筒、玄米茶、日本の広報誌『にぽにか』を記念品として贈呈しました。

日本語イマージョンプログラム修了生の皆さん、おめでとうございます。今後のご活躍を期待しています。

今年の修了式のビデオはこちらから視聴できます。