2018年度 メモリアルデー式典

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
2018年5月28日、フォート・リチャードソン国立墓苑においてメモリアルデー式典が開催され、在アンカレジ領事事務所からは佐藤事務所長夫妻とスタッフ数名が参加しました。
上記写真のとおり、国のために尽くした軍人の方々を讃えるためのメモリアルリースを献花しました。また、アッツ島で戦没された日本の軍人の方々の慰霊碑にも献花をしました。
式典では、メモリアルデー大統領告示及びアラスカ州告示が読み上げられました。また、ダン・サリバン連邦上院議員のメッセージも読み上げられました。
米国のメモリアルデーは、アメリカ合衆国軍に従事し亡くなられた方を讃えるための日で、毎年5月の最終月曜日となっており、南北戦争以来続いています。正式に祝賀されたのは1868年が最初で、南北戦争戦没者記念日(デコレーションデー)と呼ばれていました。1967年に正式にメモリアルデーとされ、1971年に祝日になりました。