アラスカ事情

アラスカ州はアメリカ合衆国49番目の州です。アラスカは、1867年に国務長官ウィリアム・スワードによってロシアから720万ドルで購入されました。購入された後アラスカはアメリカの領地になりましたが、1959年迄州として許諾されませんでした。
アラスカ州はアメリカで一番大きい州です。アラスカ州全土の面積は次に挙げる3つの州、テキサス州、カリフォルニア州、モンタナ州を足したものよりも大きいです。アラスカ州の人口密度は1平方マイルに1人で、全米で一番低いです。これに対してアメリカで人口密度の最も高い都市はニューヨークであり、人口は約850万人、1平方マイルに2万7千人の人口密度です。2014年度アラスカの人口は約73万7千人です。
アラスカ州の首都はジュノーで、アラスカの東南部に位置します。ジュノーはアラスカで中南部に位置するアンカレッジと内部に位置するフェアバンクスに続いて3番目に大きい都市です。