アラスカ経済

アラスカの経済は気候や地理などに影響を受けています。アラスカは石油、鉱山、森林や魚介といった天然資源が他の州より豊富です。しかし、アラスカは主な市場から遠隔であるため、アラスカからの資源輸入コストは世界の他の地域に比べて高いです。
 

石油とガス

石油とガス産業はアラスカ経済の大部分を占めています。毎年ガスと石油の収益は州予算の85%近くを供給するため、アラスカ州の経済は全体として世界の石油価格に左右されます。
 

観光産業

観光産業はアラスカ経済の主な分野です。アラスカ州の2番目に大きな民間雇用部門として、観光産業は8分の1の仕事を占めます。
2013年10月から2014年9月迄、約200 万人の観光客がアラスカを訪れました。そのうち、およそ100万人がクルーズでアラスカを訪れた観光客です。旅行運賃を除いた観光客収益は18億ドルで、旅行運賃を含めると、39億ドルもの経済効果となりました。
ほとんどの観光客は夏にアラスカを訪れるので、観光産業により毎年多くの季節就労が産み出されます。2013年から2014年迄に、約4万3千人が観光業に携わりました。季節就労のために世界中から人々がアラスカへ来る中、78%の観光業従事者はアラスカ住民でした。
 

海産物

アラスカの水域は、様々な海産物を配置する理想的な環境です。毎年、約270万トンの海産物がアラスカ水域から収穫されます。アラスカは世界一の天然サーモンの生産地であり、海洋管理協議会から唯一継続収穫可能なサーモン産業として認定されています。